平成30年 北海道胆振東部地震 ②

9月6日 続き。

家を出ようとしたところで実家からスマホに電話。
母の明るい声。
停電中で普段使っている電話機ではなく
捨てないで活かしてあった黒電話を使っていると言う。
お互いに無事だし、充電残しておかなきゃいけないから
また落ち着いたらといって切る。

ドラッグストアはもちろん停電中のため
1組づつの案内で10点まで、商品に数量制限ありとのこと
それでも6時間ほど並んで(最初4時間くらいと思っていた)
ボタン電池と消臭剤(窓がなく換気できなくて臭いが気になった)を買う。
天気が良くてよかった、雨なら気持ちも沈むし
傘をさして並んだら行列が長くなって疲れるだろう。

並んでいる間に
勤務先の電気が来たことと
TOBIU CAMP の開催中止を知る。

キッチンを片付けでは
床のものを元に戻し、下から結構細かく割れた
リラックマxタワレコのマグカップが出てき他のと
アルミ製のレンジフードがひしゃげたのが被害かなと。
流し下のドアを開いたら、中身が流れ出てきたと言う。
袋ラーメンに野菜を入れて食事。

日没6時、暗くなり始める。
暗くなってから窓の外を見たらカシオペアや北斗七星。
札幌に来て七つの星が見えたのは初めてだろう。
これだけ見えるのなら月のない夜なのだな。
東北の震災の時に、星が綺麗だよとSNSにあげた誰かに感謝する。
ラジオは1時間に10分から20分程度。
イヤホンを挿したら、「天体観測」

僕は元気でいるよ 心配事も少ないよ

そう。

眠ってしまったが上司からの電話で起きる。
明日は車で迎えに行くから出社とのこと。

その後眠れずにいて、寝酒にとワインを少々。
⑩LEDライト付きリーディンググラスで
「非常時必携!大震災サバイバルハンドブック」(アスペクト)を読む。
日付が変わろうかという頃に余震を感じ
上半身起した時、レースのカーテンの向こうが明るくなった
落としておいたプレーカーをあげて
明るさとテレビの音、うなる冷蔵庫。

真っ先にスマホの充電。
PC立ち上げてモバイルバッテリーの充電。
コンセントにエネループの充電器。
照明の光度調整。
神奈川県の友人と妹ににLINE。



[PR]

by ronron12half | 2018-09-10 00:55 | hokkaido