人気ブログランキング |

2月10日

札響名曲シリーズvol.4 ウィーンを旅するオーケストラ
@札幌コンサートホール 大ホール

指揮・ヴァイオリン 服部譲二
管弦楽 札幌交響楽団

プログラム
J.シュトラウスⅡ/喜歌劇「こうもり」序曲
シューベルト/交響曲 第3番 ニ長調 D200
ベートーヴェン/ロマンス 第2番 ヘ長調 op.50
モーツァルト/ロンド ハ長調 K.373
R.シュトラウス/組曲「ばらの騎士」


アニメ「トムとジェリー」で使われた「こうもり」がプログラムにあったので出かけてみた。
他の曲も明るく華やか。

アンコールが J.シュトラウスⅡ/ウィーン気質。
くるりがミュージックステーションで披露した電車のインバーターの音が聞こえたような気がして
同じ空気を吸ったような、
昔も今も音楽の街だというのがとても伝わってきた。


初めてのKitara、ちょい緊張気味に出かけて
中島公園の中ってのは知っていても具体的にどのあたりだかわからないことに地下鉄下車寸前に気が付く。
人の流れに付いていく作戦成功。

帰りにデパ地下でザッハトルテを探してみたけれど人が多すぎてよくわからず結局六花亭のシュークリーム。
(せめてチョコレートのからんだものにして)

帰ってきて、「こうもり」「ウィーン気質」が収録されたCD、
そしてもちろんコレ。
 ↓
ワルツを踊れ Tanz Walzer
くるり / / Viictor Entertainment,Inc.(V)(M)









きっかけは、

去年フジファブリックのライブに出かける前
たまたまつけていたNHK教育「オーケストラの森」という番組で
札響が取り上げられていた。
コンサートがメインだが道内を巡回するドキュメント場面も。

どんな田舎に住んでいても子供の頃公民館のゴザの上に座って聴いている。
大切な北海道のオーケストラ。

コンサートでは、プロコフィエフ作バレエ組曲「ロミオとジュリエット」
曲名は知らなかったがメロディはCMでおなじみの“予想外”

一度行ってみたいなと思ってスケジュールを調べたら
ナイスなタイミングで「こうもり」。

まさかくるりにつながるとはその時思わなかったよ。

by ronron12half | 2008-02-11 21:16 | live & travel