人気ブログランキング |

<   2006年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

エンタメひとり相撲

この右側上段の、ライジングサン写真の下の
ブログ説明をちょいと変更しました。

「エンタメ」より「ひとり相撲」に重心のかかった説明のつもりですが、

「エンターテイメントひとり相撲」 にすると
文字数のせいか前のコトバに重きを置いている印象になる気がいたします。

これも…ってことか (苦笑)

by ronron12half | 2006-09-30 23:58 | schedule & profile

「買え!」 と表紙っから首根っこ掴まれたココチする。

a0038471_0461976.jpgユリイカ 2006年7月号
特集 * 西原理恵子


週末ゆっくりと読みますよ。
そのあとすでに持ってるコミック総動員状態は必至でございましょう。

持っていない作品を買いに
○○書店や○ッ○オフなどをめぐるのは避けたいところ (経済的理由)。

by ronron12half | 2006-09-29 23:58 | books & magazine

VENUS PETER

札幌のライブ日程は、
11/3 @HALL SPIRITUAL LOUNGE

2週連続で、ライブビートのパーソナリティとお会いすることができる (笑)

by ronron12half | 2006-09-27 23:57 | schedule & profile

REVERSLOW

アルバム 「SWEETNESS」
シングル 「チェイス/ハイヒール」


ここ数ヶ月、公式サイトをチェックしていなくて、
アルバムのリリースは 「カッちゃんヒガシ日記」 で知っていたものの
シングルの存在は店頭で目にして知る始末。

シングルのカップリングは名曲 「そして僕は途方に暮れる」
(大沢誉志幸 1984年…22年前かよっ!
カップヌードルのCMに使われていて、
画面の中で女のコが目をつぶって唇ちょっと突き出して…ってのがいまだ目に浮かぶ)

アルバムは今回もサウンドトラック的
でも前作 「メロディーチェイン」 より素直にカラダが動く。

札幌のライブは 10月19日@HALL SPIRITUAL LOUNGE

前回は去年11月、PEALOUTがすでに解散、PENPALSも発表直後で
多少感傷的にライブに臨んでしまったから

今度はストレートに楽しみます!

by ronron12half | 2006-09-25 23:37 | music

お彼岸なので

お菓子屋さんのおはぎをいただく。
おはぎに合うのはお茶ではなく、味噌汁だ。

「仏壇におはぎ」  武田 花  角川春樹事務所 刊

柵から頭を出している馬、そのバックに富士山。
壁に長く落ちた蛇口の影。
昼間のスナックの看板たち。
風景にとけこんだ、ひなたでくつろぐ猫。

モノクロの写真と随筆の本。


実家の仏壇には母の手によるつぶあんのおはぎがあげられていた。
みーさん(猫)は仏壇がある部屋に入らないようしつけられている。
でもいつのまにやら入り込み同じ部屋の押入れやクローゼットの中でくつろいでいるところを発見する。
そのときの得意気な顔といったら。
(残念ながら写真はない)

by ronron12half | 2006-09-24 22:14 | books & magazine

My Movie Walker Sapporo

☆シアターキノ☆ 
なんといってもヴィンテージ手帳、
年間11,000円で10作品無料、11作品目からは1,000円。
(先日の「アンリ・カルティエ=ブレッソン」で10ページ目突破)
特別上映を除いてはサービスデーを気にせずに行くことができる。
スタンプカードもあり10個たまると1作品サービス。
上映作品のほとんどのポスターが買える。

☆スガイシネプレックス札幌劇場 (たまにディノスも行きます) ☆ 
ここもポイントカードを持っている(年会費300円)。一般料金300円OFF。
カラオケのポイントも映画で使う(笑)
映画は1回300ポイント加算・1500ポイント貯まると無料で1回鑑賞。

☆蠍座☆ 
通常のロードショーで見逃した作品、埋もれていた作品がリーズナブルに鑑賞できる。
(「ある日、突然」 との出会いは衝撃でした)
スタンプカードあり、7個たまると1作品サービス。

☆ユナイテッドシネマ札幌☆ 
日祝日もモーニング割引 (M割) あり。

☆札幌シネマフロンティア☆ 
時間つぶしにはこと欠かない、
サントラが気になれば HMV、関連書籍は旭屋書店へ、というのもあり。
M割は平日のみ。
座席指定のことが多くそれが苦手。
JR タワースクエアカード所有で一般料金から300円OFF。

ここ4・5年、一般1,800円 払って観たのはワーナーマイカルシネマズ小樽での1回だけ。
TSUTAYA Wカードのポイントが使えることに後から気がついた。


レンタルになるのが難しそうな作品を優先して観ます。
サービスデーで混み合うのを敬遠しがちなのと会社帰りに思い立って行くことも多いので
レイトショー(20:30~ 1,200円) がほとんど。

by ronron12half | 2006-09-23 20:16 | schedule & profile

静岡では常識ときいております。

a0038471_0425211.jpg


黒はんぺん、もちろん初めて遭遇。
青魚を使っていて他の練り物に比べてワイルドな味、好きです。

by ronron12half | 2006-09-22 23:58 | mono

漫才のネタに「山形弁」使われてました。

また訃報、37歳って若い…

〆さば が「たけしの誰でもピカソ」の『お笑い居酒屋』 に出演した時のビデオが残っていた。

「風雲たけし城」 や 「スポーツ大将」 などが放映されていた、
たけしはもちろん たけし軍団 も超多忙の頃に
二人は軍団のメンバーの付き人をしていた。
メガネの彼は肝臓を悪くして入院、
入院した病院は6人部屋のうち4人が亡くなったとか
点滴を打つのに何回も失敗するという悲惨さ。
そこに、殿(たけし)が見舞いに来てから
「ビートたけしの関係者?あの子を死なすな!」と
担当医師や看護婦がグレードアップしたというトークを展開していた。

肝臓って丈夫なようで、症状が出てしまうと治らないものなんだなあ。

by ronron12half | 2006-09-21 01:01 | TV & radio

「アンリ・カルティエ=ブレッソン 瞬間の記憶」

写真家 アンリ・カルティエ=ブレッソン (1908-2004)

名前を知ったのは、数年前のNHK教育テレビの番組だったと記憶している。
(「日曜美術館」ではない)
写真集を買おうと思って書店に行ったが、置いてあったのは洋書で
値段を見て躊躇したままだった。

今年6月、「美の巨人たち」(テレビ東京:TVH)でこの映画がきっかけなのか、
彼の写真 『サン・ラザール駅裏』 が採りあげられた。

面白い構図がある、決定的瞬間がやってくる、
それが彼だけのためにあったような気がしてくる。
パリ・ヨーロッパだけではなく、アジア・メキシコなど
有名無名にかかわらずカメラで切り取られた20世紀。

もう少し1枚1枚の写真をゆっくり見たい気持ちでスクリーンを観た。
(DVDなら静止画像で見るさー)

パンフレットはハードカバーで 1,000円、小さめの写真集として持っていたい1冊。


学生の頃、1回だけ暗室でモノクロ写真の現像・焼付けをさせてもらったことがある。
またやってみたいなあ。

by ronron12half | 2006-09-20 23:58 | movie

9月の未定の予定

■LIVE■

9/16 PRIMAL SCREAM @ Zepp Sapporo


■映画■

「狩人と犬、最後の旅」
「アンリ・カルティエ=ブレッソン 瞬間の記憶」 (16日から22日まで)
「男はソレを我慢できない」 (16日から)
「メタル ヘッドバンガーズ・ジャーニー」 (23日から)
@シアターキノ

「ユナイテッド93」
「日本以外全部沈没」 (16日から29日まで)
「フラガール」 (23日から)
「太陽」 (30日から)
「パビリオン山椒魚」 (30日から)
@スガイシネプレックス札幌劇場

「佐賀のがばいばあちゃん」 (22日まで)
@ユナイテッドシネマ札幌

「キンキーブーツ」
「UDON」
@札幌シネマフロンティア

※ 複数の映画館で上映される作品もございますが
  自分の行きやすい劇場を優先して書いています。


■CD■
9/20 HARCO 「BE MY GIRL ~君のデイリーニュース~」

by ronron12half | 2006-09-19 01:23 | schedule & profile