<   2007年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

RSRFES2007 出演アーティスト発表第6弾

浅井健一
the pillows
フジファブリック
スガシカオ
BEGIN
FRICTION
カヒミ・カリィ
JOY HEIGHTS (G.大友良英 G.百々和宏 B.tatsu Ds.中村達也)
うつみようこ & YOKOLOCO BAND
qyb
M.J.Q
EZOIST


中村達也も忙しいが、キューちゃんそれ以上。
ボヘミアン詰めっぱなしじゃん (笑)
笑いごっちゃない、今年ほどタイムテーブルの発表が怖い年が今まであったか。
(1日目は余裕があるが、2日目が…)
いや、ふんぎりつけてできるだけまったりと過ごすさ。

あ゛、
向井はほっといても来るだろうと勝手に予想。
ボヘミアン空いてるし、彼のいる場所すなわちステージでしょ。


すでに昨日になりましたが、PIVOT にて
FORESTテントサイト付通し入場券を購入しました。
くじはハズレで (またランタンが当たったら困るなーなんて思いながらひいたから?)、
ステッカーを3枚いただいてきました。
(ガチャガチャはもうなかった模様)
[PR]

by ronron12half | 2007-06-25 00:59 | rock festival

今日は特別な夜さ♪

仕事が終わってから走りこんだ、

フジファブリック 「サーファーキドリツアー」 @ペニーレーン24

Tシャツの上にアロハをはおり、まさにサーファーキドリ (志村)。

アンコールで、
(本編で 「虹」 演ってねえもん、当然あるさ)
「ずー、北海道のみなさんにずーっと言わなければならないことがあって
 ライジングに出演します!」
(大歓声、耳元では甲高い声も)

2回目のアンコール、
「ん、なんかすぐ近くで売ってた」とTシャツ・キーホルダー販売の営業トーク (笑)
(御祝儀にキーホルダー購入)
「Birthday」 で締め。

去年よりえっらいよかった。
「虹」 で思わず歌ってしまい自分でも驚いた。
忘れられないのが「唇のソレ」

思ってしまったのは
「おかしな二人」 とかカバーしたら面白いんではないかな、と。
共通点が SMAだし…ねえ。

今回の名(迷)MC。
志村 : 「前に札幌に来たのはいつだっけ?」
金澤 : 「おとつい」
志村 : 「…………(そうじゃなくって!去年の今頃とか言えって!!)」

いやー、好きだわキーボードの彼。
(会場内の暑さにメガネはずしたままで、メガネ男子愛好女子が残念がったのでは?)


ライジング出演、前回はソウルセットを取ってしまったから
最優先ランクではあるが。
期待と同時に不安も急上昇のタイムテーブル。
[PR]

by ronron12half | 2007-06-23 23:58 | live & travel

6月の未定の予定

■LIVE■
6/06 ザ・50回転ズ @ベッシーホール
6/23 フジファブリック @ペニーレーン24
6/26 bloodthirsty butchers @ベッシーホール

■TV■
6/08 HTB(テレビ朝日) ミュージックステーション くるり BONNIE PINK
6/13 NHK総合 SONGS 佐野元春

■RADIO■ 
6/20 NHK-FM ライブビート GREAT ADVENTURE

■CD■
6/06 フジファブリック 『Surfer King』
6/08 toddle 『dawn praise the world』

6/20 KULA SHAKER 『Strange Folk』
6/20 Radio Caroline 『extremes』
6/27 くるり 『ワルツを踊れ Tanz Walzer』


■映画■

「NARA:奈良美智との旅の記録」 (2日から15日まで22日まで)
「キサラギ」 (16日から)
加瀬亮映画祭 (6/23~29)
「ダフト・パンク エレクトロマ」 (30日から)
@シアターキノ
[PR]

by ronron12half | 2007-06-20 00:44 | schedule & profile

ぱんだ panda パンダ 

(テレビや書籍雑誌などで) 見るたびに思う。

神はなぜこのような生物をつくりたもうたか。

まず、あの配色である。
白と黒、
耳と目の周囲、肩から腕、足が黒くしっぽが白いという奇跡の配色。
成体になってもまるっこいあの体型。

身体の末端からの熱の放出を抑えるためだとか
ほとんどの動物の視覚はモノクロで外敵に見つかりにくいためだとか言われても
ホモ・サピエンスのワタクシは不思議でしょうがない。


食肉目なのに竹しか食べない。

ヒグマ。こいつは雑食性。
(北海道に住んでいても痕跡にすら遭遇したことはないが
 剥製はよくお目にかかります。
 あ、実家の床の間にはシャケをくわえた木彫りのアレがおわします)
あの白いホッキョクグマ。
色のせいでヒグマよりはラブリーな印象もあるが
テレビなんかで、獲物を食した後の血に染まった赤い口元を見るとやはり肉食。
旭山動物園で見た時も生臭さいにおいに驚き、
ほんまもんの野性だったらと恐ろしくなったもの。

一年中青々としているから食糧として選んだのだろう、といわれても
季節によって変えることができなかったんかいな、とやっぱり不思議でしょうがない。


背中にチャックついてたりしねーかあ?!


ジャイアントパンダといえば 「上野(動物園)」 という刷り込みの強い世代のワタクシ、
いまや日本でパンダ見るなら 南紀白浜アドベンチャーワールドなのですね。


ぱんだだ!―中国・日本パンダ紀行
大田垣 晴子 / / 文藝春秋





やさぐれぱんださん
山賊 / / アーティストハウスパブリッシャーズ


DVDが7月に出ちゃうんだよなあ…


悲しいときー!パンダの目が意外と鋭かったとき!なんてのもありましたな。

don't you know?
[PR]

by ronron12half | 2007-06-17 23:11 | books & magazine

6月16日

金曜日の帰宅途中に
浴衣を着た娘っこらがずいぶんいるな、と思ったら北海道神宮祭。
この時期たいていぐずぐずした天候なのに、今年はピーカン。
土曜日午後、勤務先の窓から山車の行列を見たが
西日が直撃して年配の方々はつらそうで
最後尾についていた救急車の出番がないことを祈ったよ。

妹が二人目を出産、同僚の身内に不幸、
さらに退職する同僚の送別会を控え交際費がかさみ
GOING UNDER GROUND@PENNY LANE24、断念しました。
(この週のテンションと体調で参戦を決めようと前売りを買ってなかった)
[PR]

by ronron12half | 2007-06-16 23:57 | hokkaido

6月15日

空いたガムのボトルに、小銭を入れ始めると
オヤジレベルが上昇してしまったような心地がする。
(勤務先の上司とか…父親もやってるし)

いやこれはライジングの準備なのであります。
例年つり銭をもらう手間と時間の短縮のため、重たいのは承知して持参するのだが
銀行での両替に手数料のかかるようになったいま、貯金を兼ねてコツコツと。
[PR]

by ronron12half | 2007-06-15 23:59 | rock festival

6月9日~10日

こんなん聴いてました。

夜も昼も
浜田真理子

ジャケ買いです。内容もいいです。

湯川潮音
湯川潮音

祝・フジロック出演 (行けないけど)

dawn praise the world
toddle



そして bloodthirsty butchers 「banging the drum」

MILLENNIUM EDITION
少年ナイフ



ナイフはこのほか 「Candy Rock」 「It's A New Find」

Euphorica
Buffalo Daughter

(去年のライジングでの) SEIZA BOYZ を思い出したりして。
[PR]

by ronron12half | 2007-06-11 00:05 | music

RSRFES2007 出演アーティスト発表第5弾

HAWAIIAN 6
the band apart
THE HELLO WORKS (スチャダラパー & SLY MONGOOSE)
SPECIAL OTHERS
THEATRE BROOK
Sun Paulo
エマーソン北村
つじあやの
OKI DUB AINU BAND
YOUR SONG IS GOOD
Standing Alone in a Palace [仲井戸“CHABO”麗市 / 三宅伸治 / AIR]
POPGROUP“KAIKOO”@RISING SUN ROCK FESTIVAL 2007

ステージ割りも発表。
THEATRE BROOK,Sun Paulo はわかる、
THE BIRTHDAY がボヘミアンて。
このステージに出たいって言ったんだろうか?音の雰囲気は合うかもしらんが…
ま、それはそれで楽しみ。
[PR]

by ronron12half | 2007-06-10 01:12 | rock festival

肩こりと頭痛に悩まされての今週

首の古傷が原因だと思うのだが。

6日 ザ・50回転ズ @ベッシーホール
   対バンに HARISS

例によって、HARISS に間に合うように入って、ものごっつい混雑に驚く。
ザ・50回転ズの人気に加えて、
札幌出身のメンバーのいるHARISSの招待客(いかにも長年バンドやってそうな)が多かったのではないかと。

BECK,KULA SHAKER のカバーを交えつつの HARISS はやはりよかった。
首が動かせないのが残念。

さらに残念なことに
ザ・50回転ズ が始まってすぐ痛み止めが切れた。
アンコール待ちの時間でドリンクチケットをビールに引き換えて
一気飲みしてそのまま GO HOME。


参加している人とそうでない人の温度差が大きいのは
なにも よさこい(ソーラン祭り) に限ったことではないわいな。
天気もよいのにウチにこもって、KULA SHAKER を聴いていた。
いつのまにか寝てしまい、夕方に起きだしても悔やまない
そんな 69(ロック)の日。
[PR]

by ronron12half | 2007-06-09 21:32 | live & travel

TV視聴雑記

「人志松本のすべらない話ザ・ゴールデン」
録画したのを純粋に「話」の部分だけに編集したら、130分が76分に。
あの 「 ファンの皆様」 はいらんやろ。
決して嫌いな方々ではないが、「話」で笑ったところにキレイどころが映ったら
笑いがひっこんだもの。
そして 「話」 のほうも…松本の 『いや~すべらないですね~』 は単なる台詞。

「ミュージックステーション」
1日:ZARDの件のために曲が短め。リア・ディゾン、日本語の上達早いね。
8日:BONNIE PINK には間に合わず。くるりが観られて一安心。
   やはり電車 (笑) 、ウィーンの電車のインバータの音がタモさんへのお土産。
   電車ドラマ主演の彼にはカメラが向いただけ。

NHK教育
「知るを楽しむ この人この世界 日本語のカタチとココロ 金田一秀穂」

第1回の 「これ」「あれ」「それ」の違い。
日本に生まれて育って当たり前に使っている日本語だが
その違いを説明しろと言われたら…
フィーリングだ!と開き直って答えてしまいそうなワタクシ。
いやー面白かった。翌日テキスト購入。
[PR]

by ronron12half | 2007-06-08 23:57 | TV & radio