<   2018年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

平成30年 北海道胆振東部地震 ②

9月6日 続き。

家を出ようとしたところで実家からスマホに電話。
母の明るい声。
停電中で普段使っている電話機ではなく
捨てないで活かしてあった黒電話を使っていると言う。
お互いに無事だし、充電残しておかなきゃいけないから
また落ち着いたらといって切る。

ドラッグストアはもちろん停電中のため
1組づつの案内で10点まで、商品に数量制限ありとのこと
それでも6時間ほど並んで(最初4時間くらいと思っていた)
ボタン電池と消臭剤(窓がなく換気できなくて臭いが気になった)を買う。
天気が良くてよかった、雨なら気持ちも沈むし
傘をさして並んだら行列が長くなって疲れるだろう。

並んでいる間に
勤務先の電気が来たことと
TOBIU CAMP の開催中止を知る。

キッチンを片付けでは
床のものを元に戻し、下から結構細かく割れた
リラックマxタワレコのマグカップが出てき他のと
アルミ製のレンジフードがひしゃげたのが被害かなと。
流し下のドアを開いたら、中身が流れ出てきたと言う。
袋ラーメンに野菜を入れて食事。

日没6時、暗くなり始める。
暗くなってから窓の外を見たらカシオペアや北斗七星。
札幌に来て七つの星が見えたのは初めてだろう。
これだけ見えるのなら月のない夜なのだな。
東北の震災の時に、星が綺麗だよとSNSにあげた誰かに感謝する。
ラジオは1時間に10分から20分程度。
イヤホンを挿したら、「天体観測」

僕は元気でいるよ 心配事も少ないよ

そう。

眠ってしまったが上司からの電話で起きる。
明日は車で迎えに行くから出社とのこと。

その後眠れずにいて、寝酒にとワインを少々。
⑩LEDライト付きリーディンググラスで
「非常時必携!大震災サバイバルハンドブック」(アスペクト)を読む。
日付が変わろうかという頃に余震を感じ
上半身起した時、レースのカーテンの向こうが明るくなった
落としておいたプレーカーをあげて
明るさとテレビの音、うなる冷蔵庫。

真っ先にスマホの充電。
PC立ち上げてモバイルバッテリーの充電。
コンセントにエネループの充電器。
照明の光度調整。
神奈川県の友人と妹ににLINE。



[PR]

by ronron12half | 2018-09-10 00:55 | hokkaido

平成30年 北海道胆振東部地震

2018年9月6日

朝5時のアラームをかけて
おそらく寝付いたのは午前1時くらい。
揺れと揺れによる物音で目が覚めて、
これは震度5か?にしてはやばい!
恐怖を感じて「うわーーっ!!」と声をあげた。
それで少し気持ちが落ち着いたような。

揺れがおさまって部屋の照明をつける。
床に散乱するCD。
本棚は平行四辺形に変形。中身は一部飛び出た程度。

次に倒れていなかったTVでNHK。
全道の震度と津波情報で
とりあえず実家と妹家族に直接の心配がないことを確認。

停電は約十数分後。
①ノートPCのディスプレイで明かり。
②スマホを手にしたところで便意が生じ、
いやいやいやなんて時にとトイレへ。
水道が使えることがわかる。
トイレットペーパーも買ったばかり。

続いて③ipod mini・④小型LED懐中電灯・
テントで使う⑤携帯小型LED照明を探し出し、
ipod miniのFM放送で情報を取る。

午前4時頃、ノートPCのネットと家電話の不通がわかり
PCはスマホの充電用に電源をオフ。

上司がLINEグループで安否確認。

一度余震の時、多分今回生命の危険はないと思い
本棚を倒れないように押さえてしまった。
(これが倒れると他の物も倒れたり壊れたりしてしまう。)

日出の午前5時頃から床に散乱したものを片付け始める。
断捨離を決意。

公的交通機関全て運休がわかり停電なら仕事にならないし
連絡来るまで自宅待機することにする。

6時でNHK-FM が通常放送になったので
⑦AMラジオ付きカード電卓を出す。

外からは、ガラスを片付ける音、
近所の方々が安否を確認し合う声が聞こえる。
地震発生直後から、
緊急車両のサイレンはよく聞こえていた。

明るくなって見て、
壁掛け時計が落下、電池が飛び出し発生時刻で止まっていた。
使用はできたが電池は他に使用することにする。
枕元に小型デジタル電波時計(単3電池2本使用)があって、
そちらはそのまま活かすことにする。

テレビ台は数センチ移動、
台にテレビを、添付のベルトで
固定まではてきていないけれども着けてあった。

倒れてはいないものの冷蔵庫が10cmほど移動。
こんなに動くのか!と元に戻し、朝の牛乳、
今日1日分の食材を取り出しガムテープで
目張りをする。
その牛乳とレーズンロールパンで朝食。

レンジ台も同じく。
電子レンジ自体も10cmほど台からはみ出て
壁側に寄りかかっている状態。

キッチンでは、調味料瓶類食器鍋類などが散乱。
(ここに限らず普段お世辞にも片付いているとはいえない、
 はっきり言えば散らかっている)
ガスレンジがプロパンで使用可能。
停電だと警報機が作動しないようなので匂いに気をつける必要。

ということはガス給湯器もスイッチが電気だから使用不可。
(冬なら物件備え付けの灯油ストーブも)
万一水道が使えなくなったときのため
バスタブに水をはり(洗い物とトイレ用)
あるだけの空ペットボトルにも入れる。(飲料・調理用)

USBモバイルバッテリー、⑧単3電池使用モバイルバッテリー
エネループ充電器及び⑨単3単4充電池、
体組成計の中のものも取り出す。

あと発光可能なものとして
ライト付きボールペン(単4電池1本使用・電池切れ)
ライト付きピンセット(ボタン電池・使用可能)
去年のスピッツツアーのピンバッジ・
フジファブリックの3色に光るグッズを探し出す。
LIFE武道館公園の光るリストバンドの
大体の場所はわかるものの探すエネルギーが勿体無い。
LEDライトがついたコンパクトミラーと数年前に入手した
JRタワーの天使だかなんだかが投影できる
小さいライトが見つからないと言う、仕方なし。

飲料水になるものと常温保存の食材を調べる。
歩いていけるところに小売店がない地域出身で
母親が急な来客に備えて用意がいいのを見て
育っているからかなかなかの蓄えがある。
(これで整理整頓が上手なら…)

貴重品・医薬品などをリュックに入れる。

旅行用トランクと寝袋が勤務先の宿泊所においたまま。
土日のキャンプで使うから、
この日仕事帰りに寄って持って来る予定だった。
テントは玄関に放置。カートは保管場所から玄関に移動。

ここまでで、野外キャンプインフェスで使っているものがいくつあることか。

神奈川県の友人から安否確認のLINE
無事と停電を伝えると発電施設状況と
充電を大切にと返信をいただいた。
いくつかのアプリを閉じ
バッテリーセーバー機能の設定をする。

この時点で不足しているものは何かと考えて
一番の心配はラジオの電池が切れることだと思い
そのボタン電池を買いにドラッグストアに行くことにする。

続く。
おそらく後日加筆・編集もあると思います。


[PR]

by ronron12half | 2018-09-08 16:05 | hokkaido