タグ:「A to Z」 ( 11 ) タグの人気記事

1月13日

急行「はまなす」を往復利用して、青森に行ってきました。

十和田市現代美術館 と 青森県立美術館 をはしご。
[PR]

by ronron12half | 2013-01-14 23:58 | live & travel

11月14日

普段うろうろしているショップには見当たらなくて
お取り寄せを。

'09←'94~debut 15th anniversary best&tribute~

高畠俊太郎 / NEW FINE RECORDS



トリビュートディスクのほうが気になって。

山中さわお (the pillows)
近藤智洋 (ex.PEALOUT)
岡本定義 (COIL)
HARCO
iLL (ex.SUPERCAR)
hurdy gurdy (ex.ZEPPET STORE)
古明地洋哉
杉本恭一 (LA-PPISCH)

全員なんらかの形でライブを観ているというメンツ。

ベスト盤のほうは今までノータッチだったのが不思議。

PUNK IN A COMA

momokomotion / AWDR/LR2



言うまでもなく、奈良美智氏によるイラストのジャケットです。
(ジャケ買いとは言えんのだ)
[PR]

by ronron12half | 2009-11-14 23:57 | music

3月10日

地下鉄駅で落書き奈良美智 「描きたいから手が動いた」?

NY市内ユニオン・スクエア駅に
その絵が残っているのかどうかが気になる。
[PR]

by ronron12half | 2009-03-10 23:23 | books & magazine

旅の記録。

「NARA:奈良美智との旅の記録」
観てきました。

まだ旅は続いているのでしょう。


行ってよかったな。


a0038471_22434194.jpg


a0038471_22473897.jpg


a0038471_22443733.jpg
[PR]

by ronron12half | 2007-06-03 22:50 | movie

HOT CHOCOLATE & COOKIE DAY

a0038471_0562845.jpg少年ナイフ 「HAPPY HOUR」

「COOKIE DAY」 は日本語・英語の両バージョン、
「HOT CHOCOLATE」 は英語バージョンを収録。
(「HOT~」 の日本語バージョンは、
 ミニアルバム 「IT'S A NEW FIND」に )

加えて、「バナナチップス」 「すしバーソング」 「GYOZA」 と
おなかいっぱいの最強アルバム。
(ジャケットのイラストはもちろん奈良美智!)


♪お砂糖は控えめ2グラム♪

甘くないな (笑)


追記:
羊を数えるうた、「DOLLY」
あのドリーはどんな夢をみていたのだろうか、なんて考えながら眠りに落ちる。
[PR]

by ronron12half | 2007-02-14 01:07 | music

相変わらずの最終日駆け込み

a0038471_1191253.jpg

『広島市現代美術館コレクションによる この20年の、20のアート』
@札幌芸術の森美術館

芸術の森…たぶん HASSIN WONDER ROCKET (1998年) 以来。

20人のアーティストの生年は1951年から1965年1969年。(訂正)
同世代、そして少し上の年代。

ヒロシマ、すなわち平和へのメッセージ。

展示室に入って最初の作品が奈良美智。
(もちろんこれがきっかけ)

会田誠の名前を地下鉄駅構内に掲示してあるポスターで見たときには
あの絵だったら…とかなりビビっていたが
ぱっと見的には違っていて安心、
でも最高に「人」をおちょくっている、最高に真面目に。

どれもいろいろ考えながら鑑賞。

図録(1800円)も購入。
お年玉プレゼント (先着) としてポスターも付いてきました。

新雪がきれいで散策するにもいいおだやかな天気。
防寒の備えを完璧にして 『かんじきウォーク』 をやってみるのもいいかも。

工芸館での 『あかりメッセージ展』 (入場無料・2月12日まで) も鑑賞。


この後の札幌芸術の森美術館

1/20~3/14 ドラマティック・コレクション
3/24~5/24 ディズニー・アート展


※ HASSIN WONDER ROCKET
  1997年と1998年に開催のイベント。
  (RISING SUN ROCK FESTIVAL の前身ともいえる)
  1997年は @真駒内オープンスタジアム、出演は
  ウルフルズ・THEE MICHELLE GUN ELEPHANT・サニーデイサービス・
  真心ブラザーズ・及川光博・THE HIGHLOWS 他オープニングアクト
  1998年は @札幌芸術の森野外ステージ
  THEE MICHELLE GUN ELEPHANT・THE MODS・THE STREET SLIDERS
  BLANKEY JET CITY・AIR・the pillows 他オープニングアクト
[PR]

by ronron12half | 2007-01-14 23:49 | live & travel

Yoshitomo Nara + graf A to Z

「A to Z」 会場で予約したコンプリートブックが届いていました。
『なら06』 と金色のマーカーでサインが入っています。
(大当たり・当たりのようなハズレではありません)


まだ全部目を通しておりません、
また泣きそうになるもので。

会場で購入したポストカードは展示物だけの撮影されていてなにか寂しかった。、
本の写真に人々の様子も写っていて
あの街は人がいて完成したのだな、と。

あの街の空気はまだ自分の胸の中に。


特大サイズのポスターも広げられません。


思い出してみれば
出会いは、少年ナイフの 「Happy Hour」 のCDジャケット。
単独でもそれぞれ素晴らしいのにコラボレーションすることでexplosion!

a0038471_198131.jpg奈良さん×少年ナイフ
奈良さん×graf

=∞
[PR]

by ronron12half | 2006-11-24 23:57 | books & magazine

Z to A の旅 まとめ

こじつけのように “A” (=青森) と “Z” (=Zoe) が 「A to Z」 とリンクした旅。

■1日め
   12時20分 千歳発エアドゥ18便
   悪天候で定刻より約30分遅れで羽田到着、大雨。
   ↓
   羽田空港から横浜駅YCATまでリムジンバス。
   関内までJR、徒歩でホテルにチェックイン。
   ↓
   徒歩で CLUB 24 YOKOHAMA (Zoe's APOLLO CRUSH!)
   終演後も雨。外食をあきらめコンビニに寄ってからホテルへ。

■2日め
   10時少し前にチェックアウト、晴れ。
   関内から上野まで JR快速。
   ↓
   11時34分 上野発 東北新幹線はやて75号。
   仙台過ぎたあたりから雨、河川の増水がすごい。
   定刻(13時57分)より数分遅れて盛岡到着。
   ↓
   14時40分 盛岡発弘前行高速バス ヨーデル号
   「この大雨で高速道路に通行止め箇所があり 
   到着時間ははっきりしませんがよろしいですか?」と乗車時に説明される。
   どのみちどこをどう走るのかと時間の感覚がわからないしで乗車。
   しかしそこは長距離バス、
   途中アタマの中に『この旅、過酷』というテロップが浮かんだ。
   一般国道・県道を迂回し18時30分頃、弘前駅前到着。
   徒歩でホテルにチェックイン。
   夕食は友人にすすめられた「カリ・マハラジャ」でシーフード&ベジタブルカレー。
   もちろん雨、寒い。ホテルで試しにエアコンを入れたらまだ冷房だった。

■3日目
   9時半にチェックアウト、もちろん雨。
   駅コインロッカーに荷物を入れ、市内循環バスで駅前から中土手町停留所下車
   徒歩で吉井酒造煉瓦倉庫へ (奈良美智+graf A to Z)

   15時から17時頃までレンタサイクル使用。
   雨は、降って大降りで降って止んで降って…てなカンジ。
   『寒いんだよ、どこへ行かうと』とつぶやいてみる(笑)
   まさかのために持ってきていた貼るカイロを使ってしまった。
   そのあと まちなか情報センター で時間をつぶし、カゼ薬を買い、
   イトーヨーカドーのレストラン階の和食屋で夕食。
   外へ出て見たら月夜、おいこら!
   ↓
   21時02分 弘前発青森行普通列車
   これも待ち合わせる上り列車の遅れのために青森到着が遅れる。
   ↓
   22時45分 青森発札幌行急行はまなす。
   当初弘前から乗るつもりだった最終の普通列車が遅れたため 
   (これに乗っていたらさぞやきもきしたことであろう)10分ほど待ってから発車。
   寝付いたところを、函館で進行方向が逆になるため座席の移動で起こされる。
   A to Z ワンカップをひとつ空けるが眠るところまでは行かず
   思いをめぐらしているうちに伊達紋別に臨時停車したあとくらいからうつらうつら。
   南千歳あたりで周囲が騒がしくなり目が覚める。
   函館の停車時間短縮で遅れを取り戻し
   札幌には定刻06時07分到着、晴れ。


交通費は、最初に品川-弘前間高速バス昼行便「スカイターン」を考えて
先に「はまなす」をとってしまったが
「スカイターン」廃止がわかった時点で
新幹線(と高速バス)を買い足すのではなく、
「はまなす」を払い戻してJRの通しで切符を買いなおせば安く上がったかもしれない。
しかし7日夕方、八戸-青森間はおり返し運転・代行バス運行だった事実を考えれば
とりあえず走っているバスのほうが気持ち的には楽だった気がしてまあいいか、と。


サイコロキャラメルはコンビニには置いていないと思ったほうがよい。
[PR]

by ronron12half | 2006-10-15 23:57 | live & travel

Z to A の旅。“A to Z” その③

これから 「A to Z」 に行かれるのなら。

まあ、自分がもう一度行けるものなら行きたいってのもあるのですが。

JR弘前駅から徒歩でも(15分程度)行けますが
市内循環100円バスで駅前乗り場から中土手町停留所まで行けば徒歩3分くらい。

会場のグッズ売り場とカフェは入場券がなくても入れます。
空いていれば先にこちらに寄ってから展示のほうに行くことも可能です。
クロークがあるので先に済ませた買い物を預けることができます。

弘前駅には観光案内所があります。
8:45から18:00まで営業していたと記憶しています。
ここにおいてある 「ひろさきよりみちマップ」 が便利です。
「A to Z」 のWALKING MAPも忘れずに。

弘前市外からの観光客向けのサイクルネット (身分証明書要)。
自転車の無料貸し出し所が常設の3箇所と
「A to Z」会場の吉井酒造煉瓦倉庫の臨時ステーション。
ここはちょっとわかりにくいのでボランティアスタッフの方に声をかけたら案内してくれました。
返却は4箇所のうちのいずれかで借りた場所じゃなくてもOK。
貸し出し受付は16:00まで 返却は17:00まで。

遠方からなら荷物の預け場所が気になるところ、
駅のコインロッカーは札幌と違い、お金(300円)を入れてからじゃないと開きません。
営業時間内に限られますが、
イトーヨーカドー、まちなか情報センターのロッカーを使う手もあります。

イトーヨーカドー(地下)、まちなか情報センターには
会場で売っていないグッズもあります、
特にスタッフ着用のロゴTシャツ。
そして「ならねぶた」が展示されています。

行けなかったのが 期間限定カフェ「graf media gm : HIROSAKI」
土手町商店街のCDショップ JOY POPS の裏に開業中。

奈良さんイラストの焼印がついた「ならお菓子」
もちろん遅い時間には売り切れていることが多いでしょう。
自分が見た中では、「パリ亭」さんのフロマージュ・
「ホテルニューキャッスル」さんのガトーフロマージュは生洋菓子、
後者はまちなか情報センターの「まちなかカフェ」でドリンクとセットでいただけます。
「開雲堂」さんはウィンドウディスプレイがかわいいです (サブレ買いたかった…)

自分が買い求めたのは
「洋菓子工房ノエル」 さんの 「北の街から」 @105円。
オレンジピール入りバタークリームがサンドしてあるダックワース。
「双味庵」 さんの 「さくらボーロ」 @110円
花びらの形の、桜の香りのする焼き菓子。

a0038471_2314561.jpga0038471_23152562.jpga0038471_23164445.jpg












参考までに書きましたが、状況は変わりますので
各自の責任において行動してくださいませ。
ロックフェスと同じでございます。
[PR]

by ronron12half | 2006-10-14 02:10 | live & travel

Z to A の旅。“A to Z” その②


ゲストアーティストで特筆すべきは、川内倫子。

ついこの間まで 「りんこ日記」 (フォイル刊) を読んでいた。
(たまにサイトも見ます)
「A to Z」のことはまったく意識しないで。

HARCO の 「ETHOLOGY」 の写真から意識していた方だが
今回のような形で作品を目にすることができて本当によかった。

作品を展示する場所と、
そしてそれを造る大切さをあらためて知った。
[PR]

by ronron12half | 2006-10-14 01:08 | books & magazine